FC2ブログ
ZAHS

造型社のアクリルホビーショップ『ZAHS』のスタッフブログです。

  ZAHSのナビゲーター   トップページ > アクリルクラフト製作記 > パラパラ動画  

パラパラ動画

2013 - 01/25 [Fri] - 13:23

遊星歯車の基本構造は中心の太陽歯車とそれに噛み合って周遊する複数の遊星歯車、遊星歯車の位置を確保する遊星キャリヤ、遊星歯車の軌道上で噛み合う内歯車とで成り立っています。

遊星図


歯車と言えば円形が常識で疑いの無い所ですが楕円歯車でも噛み合う事を知り、これで遊星歯車を作ってみるとどうなるかと考えたのがきっかけで、まず遊星歯車オーバルに挑戦しました。

きっと理論的には解決方法があるのでしょうが、こっちは大した知識は無い訳で、とりあえずギアを描いてみる事から始めました。

太陽歯車を反時計回りに10度回転させて遊星キャリヤも反時計回りに2.5度回転する、更に遊星歯車をそれぞれの位置で太陽歯車に噛み合うように時計回りに回転させます。

文章で書くとややこしいですがすでに作ってあるノーマルな遊星歯車を見ながら考えるとイメージしやすいんです。

キャリヤの2.5度も太陽歯車を1回転するとキャリヤが1/4回転した所から割り出した数字です。

この作業を地道に繰り返すと外側にぼんやりとある軌跡が浮かび上がってきました。

ビジュアルから受ける直感と結果が出るまで諦めずに実験と検証を繰り返す持久力も大切です、これは仕事柄やっているデザインする作業と共通する部分があるのかも知れませんね。

実際の設計段階では理論がどうとか考えずに無我夢中で輪郭だけを追い求めていましたが、ここへ来てふと思ったのがは、この作業はひょっとしてぱらぱら動画?

という訳で、今回はパラパラ動画の為にもう一度作図をしてみました。

パラパラ1

まず太陽歯車を10度回転、次に図にはないキャリヤをあるつもりで4つの歯車を太陽歯車を中心に2.5度回転コピー、それぞれの遊星歯車をその場で太陽歯車に噛み合うように回転、これをひたすら繰り返す。

パラパラ2


このように各工程で軌跡を残しながらギアの動きを成長させて行くと最後は図のような6角形が形成されました。

パラパラ3

結局この形が遊星歯車オーバルの内歯車の形になるんです。
あーなるほどやっとスッキリ!今頃何となく理解出来たような気がしています。

pg_ob_l_main.jpg
遊星歯車【オーバル】商品ページを表示する


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zahs.blog22.fc2.com/tb.php/140-20b51c5d

 | HOME | 

プロフィール

zokeishaZAHS

Author:zokeishaZAHS
造型社のアクリルホビーショップ【ZAHS】のブログです。
ショップページはコチラ

カテゴリ

フリーエリア

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR