FC2ブログ
ZAHS

造型社のアクリルホビーショップ『ZAHS』のスタッフブログです。

  ZAHSのナビゲーター   トップページ > 2016年08月  

CVT無段変速機

2016 - 08/30 [Tue] - 15:09


P1010353.jpg

CVT無段変速機は商品化に向けて改良を加えていました。
プーリーの溝幅増減によって出力軸の回転速度が無段階で変速する基本機能は実現していますが、システムの性質上運転時に限って変速のアクションをする必要があります。
このモデルもハンドルを回す事で入力側に回転を与えていますが、プーリー幅を変える変速のアクションはプーリーに繋がる横軸を押し引きする動きになります。
この2つの動きを同時にすることは、やり難いうえに不自然で納得のいかないものでした。
そこで軸の押し引きの動きをラック&ピニオンギアを用いてダイヤル回転の動きに改良しました。

P1010357.jpg

このことで互いの動きが回転運動なので以前よりスムーズな操作が出来るようになりましたが、やはり2つの動きを同時に行うことには無理があります。
入力軸のハンドルを回している時は片方の手で本体を押さえているのが自然な形で、その手を離して変速のダイヤルを操作すると本体が動いてしまい快適な操作感が得られません。

もう一つはVベルトの働きを確実なものにすることです。
Vベルトと可変プーリーはいつでもどの位置でも噛み合う必要があります。
そこでリング状のVベルトにそれなりのテンションを与えて噛み合う力を助けています。

P1010360.jpg

P1010362.jpg

そのためプーリーに負荷が掛かっている事でハンドルが少し重くなっているのは否めません。
また連続運転時やまれにVベルトがねじれる事がありますが、こんな時はゆっくり逆回しするなど問題回避の方法を取ってください。

このCVT無段変速機のモデルは複数の構成要素に複雑な動きや働きがあるため、他のモデルと比べ操作や運転が簡単にこなせないリスクもあります。

このように快適な運転操作と本体の固定が課題となりますが装置と折り合いをつけながら操作運転をして、この無段変速機の興味深い動きを楽しんでご利用下さればと考え、今回商品化する事にしました。



ロータリーエンジンの変更について

2016 - 08/29 [Mon] - 14:17

ロータリー
ショップのレビュー欄にロータリーエンジンミニについて厳しいご意見をいただきました。
気になりましたので検証のため弊社でもこのモデルを一から組み立ててみましたが、引っかかって動かないような事がこのキットでは確認できませんでした。

パーツの精度には気をつけて設計していますが、材料の厚みなどの寸法安定性や加工時のレーザービームの条件など不確定な要素もありパーツの不良品が混ざった可能性も否定できません。

この際、設計や組み立て説明書などをもう一度見直しました。
その結果ステーショナリーギアとローターの内歯車が噛み合う様子を明確にするためローター内側3枚分パーツのギア部を円形穴に変更する事にしました。
ローターミニ-3

以前はローターの内側全てにギアを切っていましたが、エキセントリックシャフトに接する部分にギアを切った事が誤解を生んでしまったようです。
このためエキセントリックシャフトに接するローターは丸穴に、ステーショナリーギアと噛み合う外側にはギアを切って役割を分けました。

これによってローターとエキセントリックシャフトの関係、ローターとサイドハウジングに
固定されたステーショナリーギアとの関係が明確になったと思います。
組み立て説明書もより分かりやすく変更を加えました。

新しく改良を加えたキットも組み立て、動作確認も済ませてなめらかな回転を確認しています。
これからもなお改善に取り組んでいきますので今後ともよろしくお願いいたします。

大型車後輪2軸デフ

2016 - 08/23 [Tue] - 15:27

ZAHSの組み立てキットにデファレンシャルギアがありますが、
お客様から大型車の後輪2軸車両のデフを作れないかとのお問い合わせがありました。
調べてみると興味深い構造なので早速設計してみる事に。

通称ツーデフと呼ばれる複雑な機構で、一対の後前車輪の差動、一対の後後車輪の差動、
後前車輪と後後車輪の差動を同時に実現しなければならない事がわかりました。
例によってネット検索で図面を拾ってきましたが図面というより構造図のようなもので、すぐには理解できず、図とにらみあいとなりました。

yjimage.jpeg

しばらく調べたりにらんだりしながら見えてきたのは、プロペラシャフトに
インター・アクスル・デフを仕込んで後前軸と後後軸に力を配分する構造のようです。
すでにあるデファレンシャルギアの図面を元に改良を加えていきますが今回は、
後輪が2軸あるのでプロペラシャフトとドライブシャフトが交差する時落差ができます。
実際の車はユニバーサルジョイントで落差や振動を吸収していますが、アクリルキットは
サイズの制約と強度の制約がありユニバーサルジョイントのような便利なものは
使えないのでギアの組み合わせで軸の落差を解決しました。

P1010346.jpg

P1010352.jpg

その他いろいろ問題を解決しながら出来上がったモデルは動きもダイナミックでかなり楽しめそうです。
だだ今組み立て説明書を製作中です、初めての人がその説明書で組み立て完了できたら
このキットもZAHSの仲間入りとなるはずですのでご期待ください。



 | HOME | 

プロフィール

zokeishaZAHS

Author:zokeishaZAHS
造型社のアクリルホビーショップ【ZAHS】のブログです。
ショップページはコチラ

Twitter

カテゴリ

フリーエリア

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR