FC2ブログ
ZAHS

造型社のアクリルホビーショップ『ZAHS』のスタッフブログです。

  ZAHSのナビゲーター   トップページ > 2011年01月  

不思議遊星歯車機構

2011 - 01/28 [Fri] - 15:45

遊星歯車シリーズの中で一つだけ異端なものがあります。
「不思議遊星歯車機構」冗談で付けられた名前ではなく、ちゃんとした本名らしいのです。

歯数の違う二つの内歯車のうち片方を固定し、転位歯車つまり遊星歯車を回転させると一方のフリーな内歯車がゆっくり回転するという機構です。

当然ZAHSでもこのキットを作っていますが、言葉足らずで説明してもややこしくてイメージ出来ないと思いますので動画をご覧下さい。



通常2個の遊星歯車を用いるのが一般的ですが、敢えて3個にしました、この場合歯数の差は3枚になり、計算上ギヤ比は ••• 計算の得意な人に任せるとして、つまりちょっとづつずれてゆっくり回ると言うわけです。

ただゆっくり回るだけでは面白くないのでおまけでモアレの効果を付けました。
最後までご覧頂くとギヤが止まった後に不思議体験が待っている筈です、お楽しみに。

2012年、不思議遊星歯車はデザインを変更しました。
新しいデザインと特徴は
こちらをご覧下さい

ナイフ!

2011 - 01/26 [Wed] - 17:39

この写真はどこのご家庭にもある、ステーキナイフです。
このナイフ、ZAHSと何の関係が???とお思いでしょうか。
ナイフ

ZAHSの組み立てキットのウリの一つは、ぴったりと隙間の無い接合部分。
「ちょっとキツいかも…」というぐらいが、完成した後にもガタつきが少なく美しい仕上がりです。
もう一つのウリは、「接着剤を使わずに組み立てることができるので、解体・再組み立てが可能」というところです。

ただ、組み立てと同様に、解体するにもちょっとしたコツがいるのです。
特に構造教材シリーズなどのスタンドタイプのキットでは、土台のプレートがその大きさ故に少々外しにくくなっています。(筆者の手が小さいせいかも知れません/笑)

そこで活躍するのが、先ほどのナイフです。

ナイフの用途

このように板の隙間に差し込んで、てこの原理を使って少しずつ(重要)板を外すのにナイフが最適なんです。
厚みのあるナイフは当然ながら不向きです(笑)ナイフのギザギザでアクリルが傷つきやすくなるので、ギザギザのついてないナイフか、背の部分を使うのが安全ですね。

キットは完成させたけど、もう一回解体して組み立て直してみようかな、という方に耳ヨリなウラ技でした。
あ!今更ですがこの方法はあくまでウラ技ですので、ご使用の際は自己責任で、お願いしますね。

歯車まわし機

2011 - 01/25 [Tue] - 16:25

このギアは商品ではありません。しいてかっこいい名前を付けるなら「歯車まわし機」です。
歯車まわし機


遊星歯車のユニークな動きを動画にする時、ハンドルを回す手が映り込んでいるとやっぱり興ざめですよね。そこでギアを使って横から回せる様にしました。

セット



ギアを直交させるため歯の形は角張った物になります、これはデファレンシャルギアで使うギアを利用しています、軸受けも高さをそろえて利用しました。

これを使って4種類の遊星歯車の動画を撮影しました。今回はその一部分をちょっとだけお披露目します。


一つのギアを使って何種類の装置を動かすのはまた違った面白さがありますね。
また新たな可能性に気がついたのかも知れません、ちょっとモヤモヤ考えてみます。

ZAHSリニューアル作業中

2011 - 01/21 [Fri] - 15:39

只今、ZAHSスタッフはショップページをリニューアルするべく作業中です。

遊星歯車キットもリニューアルして新価格・新ラインナップで近日販売予定なので、他のキットもカラーバリエーションを増やし、お客さまお好みの色を選んでいただこうということになりました。

それに伴い今までのご注文フォーム形式をやめて、新たにショッピングカートの設置を試みています。
カートが設置できれば商品や色のチョイスなどが簡単になり、よりお買い物していただきやすいページになるかと思います。

…ただ、このZAHSや造型社のホームページを作っているのはZAHSスタッフなんです。
弊社はWEBデザインを扱っている会社ではありません。
今日も筆者の横でソースとにらめっこしながら頭をかかえているスタッフがいます。

…ガンバレー!!(;・д・)ノシ

そんなわけで日々進化するZAHSの商品にご期待いただきますとともに
ショップページリニューアル暫しお待ち下さいませ。

ガーデンセット製作記

2011 - 01/19 [Wed] - 16:41

ロッキングチェアに続いてガーデンセットも作り応えのあるキットになっています。
これは造型社が引っ越す前、寝屋川工場の屋上にあったガーデンセットを忠実に再現した物です。

鋳鉄製で唐草をモチーフにした柔らかい曲線が特徴的なセットでしたが、何とかこの優美な曲線を表現出来ないかと設計にずいぶん苦心しました。

今回はその苦労した設計の様子をチラっとご紹介します。

屋上


まずはデジカメで撮った写真をトレースします、あらゆる角度から写真を撮れたのはそこにあったからです、これは設計する時に一番の好条件と言えます、なぜなら見えないところを想像しながら設計するのが一番エネルギーを使うところだからです。

いす


それでも鋳物特有の自由な三次曲面をアクリル板で表現するために頭を悩ましましたが、何とか色々なアイディアをひねり出す事が出来ました。

差し込んだパーツが抜けない様に噛み合せてピンで固定する仕口もここで生まれたやり方です。

テーブル


ガーデンセットなのでテーブルが1卓にチェアが3脚が収まりやすいところですが、同じ物を何個も作るというのはどうかなと思い、チェアは2脚としました。


セット

一つ目より二つ目の方が上手に作れます様にと•••願いを込めて。






ロッキングチェア製作記

2011 - 01/17 [Mon] - 14:08

ZAHSの商品にはスケールモデルもあります。
ロッキングチェアやガーデンセットなどの家具シリーズ、バイクやドラムセットなどのロマン?シリーズです。

いずれも完成時のクオリティはもちろんですが、何より組み立て工程の楽しさを味わって頂く事を主眼においたキットです。

特にロッキングチェアは木工の木組みを意識したほぞ組やクサビを使った組み方が木工製品らしい味を出しています。

ロッキングチェアp


また脚部の斜めに交わる接合部は複雑な仕口パーツがより組み立て難易度を上げます。

更に座面から上のひじ掛けや背もたれ部分の難しさはそれはもうパニックになりそうです。

ひじ


この組み立て難易度最大級のキットを是非味わって頂きたいと思っていますが、ただ一つ難点があります。

それはまだ組立説明書が出来ていない事です。
どこから手を付けるかただいま思案中です、出来るだけ近日中に公開の予定ですのでどうぞ気長にお待ち下さい。

デファエンシャルギア製作記2

2011 - 01/14 [Fri] - 15:23

デフギアの記事がアップされたので製作者の私から思い出話を一言。

随分古い話になりますがデファレンシャルギアはその昔(1969年)私が自動車教習所に通っていた時、車の構造の授業で初めて知った機構です。

教官が教壇の上に持ち込んだギアの塊がそれでした、あの時の教官はとても熱心な人だったんでしょうか、免許を摂るのが主な目的の生徒達に重いデフギアまで持ち込んで一生懸命車の構造を教えてくれました。

デフギアの働きはZAHSショップの商品詳細に記述した通りですが、その他にもトーイン、キャンバー、キャスターなど名前を覚えるだけではなくその働きも含め分かりやすい講義を受けられたのはとても幸運でした。

トーイン、キャンバー、キャスターは車軸と車輪の傾きや角度を調整する事で物理的に車の安定走行を助ける仕掛けです。

デフギアはエンジンのトルクをそれぞれの駆動輪に理想的に分配する装置です。

これはもう目からウロコが落ちました、この基礎的な技術に深い感銘を受けたのを覚えています。

特にデフギアは興味深い機構なのでアクリルクラフトの作品にしましたが、シンプルな構造ながらその働きと動きの楽しさが一目瞭然です。

めざましい技術の進歩で今や車の安全性は飛躍的に向上していますが、ABSを初め電子制御のオンパレードの中でも、これらの基礎技術は今もなお存在感を失いません。

それは物理的にそうなる、そうとしかならない信頼感があるからでしょう。
だから凄いんです。






デファレンシャルギア製作記

2011 - 01/13 [Thu] - 13:30

ZAHSではアクリルで作るデファレンシャルギアのキットを販売しています。

デフギア写真
※写真をクリックすると商品ページにジャンプします。※

この見た目から察するに自動車の駆動に関係するもののようですよね。

12月に出展しましたクリエイターズマーケットでは自動車好きな方なら一目瞭然!
そうでない方もナゼか回してみたくなる…そんな商品でした。
意外にも女性の方が面白がってたくさん回してくれました。

その面白さとは…ハンドルを持って回してみる。両方のタイヤが回ります。それはいってみれば当たり前。
では片方のタイヤを固定してハンドルを回してみると…あら不思議!もう一方のタイヤだけ回るんです。
この不思議な構造がデファレンシャルギア、通称デフギアと呼ばれるものです。

自動車がカーブを曲がる時、内側と外側の車輪に速度差が出るのですがデフギアを利用するこ
とによってそれを吸収しつつ1つのエンジンの出力を2つの異なった回転速度に振り分けて伝えることができるのです。

そんなデファレンシャルギアの仕組みをZAHSではアクリル板を使ってキットにしてあります。
ギアボックスの中も透けて見えるのでその構造も動きもお楽しみいただけます。
キットを組み立てることでデフギアの仕組みをより理解できるようになるかもしれませんね。

ワンポイントアドバイス

2011 - 01/09 [Sun] - 17:50

ZAHSの組み立てキットで構造教材シリーズにはどのキットにも回転部分があります。

お買い上げ頂いたお客様で組み立てて見たけれど、回転部分がスムーズに回らないとお困りの方にワンポイントアドバイスです。

アクリルをレーザーカットすると、肉眼では分かりませんがその断面はわずかにVカットになります。

図1


セットする前に回転の手触りに引っ掛かりを感じた場合、図の様に入り子の向きを180度ひっくり返して入れ直すと隙間に余裕が出来てスムーズに回るようになります。

レーザー光線の切断幅は0.2ミリ程度なので、この隙間に余裕を与える事で回転時の抵抗が無くなり手触りが劇的に変わります。

是非お試し下さい。

アーム型キャリア

2011 - 01/08 [Sat] - 16:42

特殊遊星歯車はどんどんいい感じになって来ています。
遊星歯車の公転を拾う遊星キャリアを円形からアーム形に変えました。

オレンジ


円形のキャリアではどうしても円運動が強調され、楕円や多角形の動きの面白さが十分に発揮されないという不満が少しばかりありました。

アーム型に変える事によって全体にスッキリとした印象で、歯車の動きや軌道の内歯車の形が鮮明に印象づけられるようになりました。
最初に思い描いていた動きの面白さにだんだん近づいて来たのでまた次の進化にも繋がりそうです。

今回は同時にパーツの統一にも取り組んでいましたが、3点支持と4点支持それぞれのキャリアも統一出来ました。

カラーは4色(オレンジ系、ブルー系、スモーク系、ミストグレー系)
共通部分2色(透明、ガラス色)
以上のバリエーションで、選んで頂けるようにしたいと思っています。

バリエーション


アイディアは次々とあがっていますので実現に向けて日々開発中です。
整いましたら次々とお知らせしますので、お楽しみに。


私の仕事館

2011 - 01/07 [Fri] - 17:51

ZAHSでも人気を頂いているロータリーエンジンですが、そもそもロータリーエンジンを作るきっかけになったのは、「私の仕事館」でした。

独立行政法人で税金の無駄使いとやり玉にあげられ、事業仕分けで一躍有名になったあの施設です。

京阪奈学術研究都市、名の通り京都,奈良、大阪の3都にまたがる位置関係で、造型社からも比較的近くて行きやすいところにありましたが、閉館してしまったのは皆さんご存知のとおりです。

ロータリーエンジンはそんな「私の仕事館」に展示されていました。
とある中小企業のメーカーが小型ヘリコプターのエンジンとして開発したプロセスをプロジェクトXのような演出でうまい見せ方をしていました。

元々興味があったところに構造や動きなど具体的で分かりやすい展示物が並んでいて、結局その魅力に引きつけられてしまいました。

実物の断面展示やビデオなどに釘付けになって、まるで童心に帰ったような楽しい時間を過ごす事ができました。

その後もしばらくは頭の中をロータリーエンジンがぐるぐる思いめぐる自分がいて、気がつけばネット検索で様々な資料を集め、何やら設計に取りかかっていましたが、形は出来ても動きのメカニズムまではなかなか到達できませんでした。

それでも夢中になればこっちのもんで、苦しくも楽しいたっぷりの時間を経て何とか組み立て模型の完成にこぎ着ける事が出来ました。

思えばあの「私の仕事館」ではエエもん見せてもらいました。
ありがとうとお礼を言いたいけど今はもうありません、残念ですね。

ロータリー

遊星歯車と格闘中

2011 - 01/06 [Thu] - 20:50

クリマでも人気のあった(自己評価です)特殊遊星歯車は新たな段階に差しかかっています。

現在完成しているのは楕円、四角、三角、それと太陽歯車が三角で遊星歯車が四角の組み合わせタイプの4種類で、それぞれのギアの形によって遊星歯車の描く軌道が違います。

楕円の軌道は6角形、三角は9角形、四角は12角形、三角四角は力技で12角形という具合です
3yusei


力技と書いたのは、設計段階でどう考えてもつじつまが合わなかったからです。
34yusei


三角の太陽歯車を四角の遊星歯車が一周すると、元の位置に帰って来ないという現実に突き当たり、自分が間違っているかも知れないと思いつつもこれは結構ショックでした。

こういう幾何学的な試みは大概の場合美しい結果になるのが常でこの中途半端な図は何じゃと思わずズッコケそうになったりしました。

それならサッサと諦めたら良かったんですが、諦めるのが嫌いな性分で歯車くんのご機嫌をとったり騙したりしながら何とか回す事に成功しましたが、これは理論的な解ではないのかも知れませんね。
ともあれ不思議にスムーズに回転するのを見ると苦労した分愛着も沸き面白い作品になったのかなと密かに自負しています。

ギアの動きが一段落したところで次はパーツの統一に取り組んでいます。
可動部分は4種類になりますが、台座や本体部分は統一出来そうなので設計に精を出しています。

これがうまく行くとカラーバリエーションの充実やコストダウンに繋がりそうなのでどうぞご期待下さい。

ギタースタンドキットがお求めやすくなりました!

2011 - 01/06 [Thu] - 13:11

こんにちは。ZAHS商品製作担当です。今回の更新は朗報ですよ!
ZAHSで取り扱っている一部商品の価格改定のお知らせです。

ギタースタンドキット
std2.jpg
注文番号:S-01
改定前    改定後
¥2,300 → ¥1,000

ギタースタンドは他の商品と同様に、受注生産を基本に単体で価格設定をしていました。
しかし作品の性質上付属品の要素が強い事をふまえ、統一規格にする事である程度の量産を前提とした価格設定をする事といたしました。

これによってコストダウンを図ることができ、今回の価格改定に繋げることができました。

他の商品も合理的な生産体制を整えて、できるだけ価格にも反映させて行きたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

謹賀新年!

2011 - 01/05 [Wed] - 13:55

あけましておめでとうございます!

みなさま、楽しいお正月を過ごされましたでしょうか?
弊社スタッフも思い思いのお正月を満喫し、(筆者は寝正月でしたが(笑))
本日から新年営業を開始しました!

本年最初のお仕事です。
切ってます


昨年末にご発注頂いたロータリエンジンミニ 只今製作中です。
(発注主さま、今しばらくお待ちくださいね)

ロータリーエンジンキットはZAHSの商品の中でも人気商品です。
これをもうちょっと面白くできないかな…と企んでいる筆者です。(笑)

これからもみなさまにお楽しみいただけるような商品を開発してまいりたいと思っております。
本年も造型社のアクリルホビーショップ“ZAHS”をよろしくお願いいたします。

 | HOME | 

プロフィール

zokeishaZAHS

Author:zokeishaZAHS
造型社のアクリルホビーショップ【ZAHS】のブログです。
ショップページはコチラ

Twitter

カテゴリ

フリーエリア

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR